医療機関のレーザー脱毛

医療レーザー脱毛のメリットとデメリット

全身脱毛と言えば、医療機関のレーザー脱毛とエステサロンのフラッシュ脱毛がありますが、どちらの方が良いのかと言いますと双方にメリットとデメリットがあります。

 

今回は医療機関のレーザー脱毛のメリットとデメリットについて解説していきたいと思います。

 

医療レーザー脱毛のメリット

医療レーザー脱毛の最大のメリットは、やはり、医療機関で行う脱毛だと言うところにあります。医療機関と言う事で、医師が在中した環境の中で脱毛を行う事ができ、また、医療機関と言う事で、衛生面においても、心配する必要はないかと思います。

 

その為、皮膚が弱い人やデリケートな人でも、医師と相談しながら、施術方法を選ぶ事ができ、安心して、脱毛を進めて行く事ができるようになっています。もし、万が一の事があっても、すぐに医師に診てもらう事ができる安心感もあります。

 

その他、1回での効果が脱毛サロンに比べ、高いため、少ない回数で、脱毛を完了させる事も可能になっています。その為、長期間、脱毛に通わなければいけないといったストレスも感じることなく、脱毛を行う事が可能になっているのです。

 

その上、医療レーザー脱毛の場合、黒ずみなどの解消も行う事ができ、肌全体をケアしていく事が可能になっています。

 

医療レーザー脱毛のデメリット

医療レーザー脱毛のデメリットと言えば、一番大きいのが、その費用です。医療機関とは言え、脱毛は、保険適応外です。その為、全額実費での支払いが必要になってきます。

 

医師に診察してもらう事ができ、安心する事ができる一方、それらすべての費用は、全額実費で行わなければいけないと言う事なのです。

 

また、医療レーザー脱毛の場合、出力が高い事から、痛みを感じる場合も少なくないようです。脱毛サロンで行う光脱毛が、全く痛みを感じないと言っている一方、医療レーザー脱毛の場合は、特に部位によっては、痛みを感じる場合も多くなっています。

 

しかし、その際は、麻酔の処方を依頼する事も可能で、麻酔を使用すれば、痛みを我慢する事なく、施術を受ける事も可能です。

 

まとめ

以上のように医療レーザー脱毛にはこのような、メリット、デメリットが考えられます。その為、利用する際は、これらを把握した上で、利用を検討する事が大切です。

 

また、関西のエステサロンでフラッシュ脱毛を受ける際は全身脱毛大阪版と言うサイトが参考になると思います。

 

フラッシュ脱毛は料金が安く痛みが少ないのが特徴になります。